Maldestro

MENU

Information

30代からの冬デートの服装は今までとココを変えていこう!

20代までの自分と、実際は特に何も変わってはいないはずなのに、30代というだけでのしかかってくる社会的責任と周りの目。もちろんそんな目にも徐々に慣れていくことが出来ればオトコはまだまだ磨かれる年齢。それが30代だ。言い換えれば試されていると言っても良いかもしれない。そんな30代からのファッションで気を使うべきポイントはココだ!

 

変わらず流行はおさえていこう

30代になったからと言っていきなり落ち着いた格好やグッと派手さを抑えた色味の服を着だす人がいるが、そんな所で肩ひじ張らない方が良い。というより、オトナはもっと楽に楽しむものだ。まずは自分の年齢なんて全然気にせず今までと同じ様にファッションを楽しむのが一番だと思う。その上で、20代では出来なかった気遣い等を服装にのせていけるのが大人のファッションというものだろう。20代までの「自分のための服」からの延長線上で「その場や雰囲気、相手に合わせたファッション」を意識していけるくらい、あなたの世界は20代の頃よりも広がっているのだから。

 

デキる30代はTPOのみならず相手のファッションもおさえる

押さえておくべきはその二つのポイントだ。本日合うデート相手、そして一緒に行く場所、その二つに合わせた服装をしていくのがベストだ。今はSNSも全盛の世の中。相手の服装の傾向なんかはインスタグラムでものぞけば一発でわかる。人は自分と価値観や生活のリズム、その他諸々が似ている相手に対して安心感を感じられる.要するに相手の服装が少し子供っぽければやんちゃな印象のアイテムを少し足してみたり、相手がコンサバな雰囲気であればこちらもノームコアに近い服装で大人のこなれ感を演出していくのが良い。さらに、デートスポットも(一度目は)相手のファッションに合わせて選んでしまえばよい。趣味嗜好や性格等、ファッションには色んなものが表れるので、そこから逆算することも可能なのだ。

「オフ感」を演出

30代になってくると、仕事時の服装にも少しづつこだわりや遊び心が出てきてこなれてくる年頃。しかし、仕事の服装はあくまでも仕事の時だけ。デートの時は「仕事より少しりラックス感のあるオトナファッション」が良い。くだけすぎず、しかしどこかいつもとは違うリラックス感を今のあなたにだけ見せているという雰囲気を醸しだせる服装、それがこれだ!

 

・アウター「チェスターコート」

【引用】pinterest.jp

この時期は必須のチェスターコート!このアイテムだけだとカッチリした印象があるチェスターコートだが、意外とカジュアルダウンもしやすく万能なので、一着は持っていても絶対損はしない。アウターなので合わせやすい色が多いチェスターコート。色は自身のパーソナルカラーに合わせてみると他の服の色も選びやすいかも。

 

カジュアルダウンする「パーカー」or優しそうな雰囲気の大人を演出できる「タートルネック」

チェスターコートの下にパーカーを使って、一気に親しみやすいコーデにしてしまうのも、デートでは大いにアリ。

タートルネックセーターであれば、防寒も兼ねてエレガントな雰囲気を演出してくれるので屋外デートには持って来いだ。

【引用】SHOPLIST.com

定番の「黒スキニー」or「テーパードパンツ」

パンツに関しては、あなたの骨格によって似合うシルエットがあるので一概には言えないが、日本人男性ならほぼどちらかは似合うハズだ。

 

旬の「セットアップ」もおススメ

【引用】ラクマ

今が旬のセットアップもデートには持って来いだ。セットアップはそれだけでまとまってしまうので非常に楽で良いが、カジュアルになりすぎる、キレイ目に寄りすぎるという弱点があるので、色味や素材等でハズしていこう。

 

【まとめ】相手に合わせて

相手に合わせられる、TPOに合わせられる、その上で自分らしいファッションと、仕事注は見せない顔を見せていけるようになるのが30代からのファッションでは大事だ。デートコースは勿論、服装も入念に決めて、意味を持ったコーデを楽しもう!