Maldestro

MENU

Information

オトコの一人暮らし飯!簡単で超美味いレシピその1(あの味牛丼編)

オトコの一人暮らし飯!簡単で超美味いレシピその1(あの味牛丼編)

更新日時:2020年06月30日

一人暮らしを始めると、誰かが自分の世話を焼いてくれている状態って、なんて素晴らしかったんだ…と気付きます。とりわけ、一番最初に思うのは「洗濯」と「食事」ではないでしょうか。

 

たまに実家に帰った時に食べるご飯の味の素晴らしさが分かってくる頃になってからも、全然自宅でご飯なんか作った事ない!という方もいらっしゃるでしょう。そんな方にも非常に簡単に、かつ滅茶苦茶美味い物が作れるちょい雑な男性限定簡単飯のレシピを紹介させて頂きます。
第一回目は、誰もが大好きだと決めつけてしまいます。「牛丼」でございます。

 

買っても安いじゃん…とお思いでしょうが、まとめてつくると滅茶苦茶安く仕上がるうえに無限に米が減り続けるほどに美味い(余ったらラップに包んで冷凍しておけば、面倒な時にも食べられます)です。そして何より、滅茶苦茶簡単ですので、是非真似して作ってみてください!

 

■材料(1人前)

牛バラ肉・・・200g

たまねぎ・・・1/2個材料

醤油・・・大さじ3
└濃い口と薄口があれば、どちらも1.5ずつ入れられたら尚良し

みりん・・・大さじ1

砂糖・・・大さじ5

料理酒・・・大さじ1

だしの素・・・小さじ2

サラダ油・・・小さじ2

赤ワイン・・・大さじ1
(味の決め手。安いものでも良いので、フルボディの赤ワインで。)

水・・・200ml

 

★お好みで

紅ショウガ・・・適宜
七味・・・適宜

 

 

■作り方

 

1、まず、牛バラ肉を適当な大きさに、玉ねぎはくし切りで切ります。

 

ワンポイントアドバイス

牛丼屋では基本牛肩肉なので、肩肉でも良いが、かたくなりがちなので牛バラがおすすめ!

 

 

2、お鍋に油を引き、玉ねぎを飴色になるまで炒めます。その後、牛肉も投入。焼き色がつくくらいまで火を通します。

 

 

3、お鍋に水、醤油、みりん、砂糖、料理酒、だしの素、赤ワインを入れ、煮込んでいきます。アクは取り除いていきましょう。(面倒なら良いです。)10分ほど煮込みます

 

ワンポイントアドバイス

千鳥の大悟曰く「砂糖は思うとる倍!」というわけで、かなり甘めである。普通のレシピだと大さじ3くらいで書かれている事が多い。無論、そちらを真似しても良い。

 

★★完成★★

 

これだけで出来上がり。

 

ポイントは砂糖多めと赤ワインでしょうか。

 

この二つだけでかなり「あのお店」の味に近づきます。味を変えたければ、おろしショウガなんかを加えても美味しいです。最後に紅ショウガを加えて、七味なんかもふっても良いかもしれません。

 

2人前、3人前と作りたい時は材料に人数をかけて、適宜増やして作ってください。

 

これで、つゆ抜きもつゆだくも、裏メニューとしてほぼやってくれる店の無いという肉下も思いのままです。

 

これがまた、ジップロックとかで冷凍しておいてもいつでも滅茶苦茶ご飯もすすむし最高です。是非とも沢山作って見てくださいね。